練馬・気功のひろば

空便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

お手当の会@「空-くう-」

11月3日、鍼灸を使ったセルフケアの会を開催します✨

下の写真は薬局スタッフを対象に行った勉強会の風景。
実際パイオネックスという樹脂粒がついたツボシールを貼って試してみたところ、
多くのスタッフから感嘆の声が。かたこりがラクになったと大盛りあがりでした。
ちょっとした不調ならば、自分で対応できることがたくさん。
これから寒くなる季節に備えていきましょう(^^)

IMG_1621.jpg



空-ku-お手当の会@「空-くう-」

自分のためであるのはもちろんのこと、
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、お子さんなどご家族やパートナー、
お友達にも喜んでもらえる鍼灸や生薬を使ったお手当をお伝えします。


【日時】11月3日(金・祝)13:00〜15:00
【会場】「空-くう-」東京都練馬区
(お申し込みいただいた方には詳細をお知らせいたします)
【参加費】4,000円(当日精算)
【定員】10名
【講師】井上幸枝先生(鍼灸師・薬剤師)

【対象 】
健康になりたい方、ご家族やパートナーの健康のために学びたい方

ちょっとした不調はご自身で整えることができます。
お薬やサプリメントも減らせます。
鍼灸や漢方薬など東洋医学の知恵を使って自ら健康になってゆきましょう!

全4回(11月、2月、5月、8月)の勉強会では、
薬局で買える「せんねん灸」と「置き針」の基本的な使い方を学んでいただきます。
参加者には「せんねん灸」と「樹脂粒がついたツボシール 」をプレゼント!!!
帰ってすぐに実践することが可能です☆*:・゜


∞ また、勉強会の後に井上先生の鍼灸治療を同会場で受けられます!
完全予約制ですので、ご希望の方はお問い合わせください☆*:・゜

お申し込みはこちらから→http://bit.ly/2jTlX7l


(勉強会予定)単発参加も可能です。
11月 基本知識と冬に備えた体づくり
2月 春に起きやすいトラブル 不眠、アレルギーなど
5月 梅雨、夏に備えて むくみ、食欲不振など
8月 秋の乾燥に備えて 肌の乾燥、呼吸器トラブルなど

予定ですので、変更もあります。
ご了承くださいませ。

【井上幸枝先生プロフィール】
薬剤師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師
元東邦大学医療センター大橋病院 麻酔科学講座客員講師
鍼灸ルームYUKI代表 主に女性のお悩み(生理痛、更年期、不妊治療やアンチエイジングなど)
に対して鍼灸マッサージの施術。 鍼灸と漢方の勉強会「もものは会」主催。

スポンサーサイト
  1. 2017年10月02日 16:29 |
  2. クラス・ワークショップ

5月から平日クラスはじめます

これまでの「気功のひろば」にくわえて
平日のクラスを設定します。

5月14日からはじめます。
ゆるむ気功

一週おきなので、私にとっても
地区区民館の予約をいれるのがややこしいのですが。。。


ご近所にもちらしを配ってみようと思います。。。

【曜日】
 水曜日:午前11時00分〜12時30分
 木曜日:午後18時45分〜20時15分
 月に2回ずつ

【参加費】1,500円/回

【場所】練馬区富士見台地区区民館
    大広間または和室


5月14日(木) 18時45分〜
5月20日(水) 11時00分〜
5月28日(木) 18時45分〜
6月4日(木)  18時45分〜
6月10日(水) 11時00分〜
6月18日(木) 18時45分〜
6月24日(水) 11時00分〜


出欠の連絡は不要です。
お気軽にお越し下さい。

  1. 2015年04月11日 22:43 |
  2. クラス・ワークショップ

気功教室新設

いままで、富士見台地区区民館で月に一度だけだった教室を
練馬の自宅にて、カタチを少し変えて
毎週おこなうことにしました。

もちろん、地区区民館での教室は継続させていきます。

ゆるむことを中心に行ってきた「練馬気功のひろば」ですが
じゅうぶんにゆるんだ後は
からだに軸をつくっていく功法にうつっていきます。
こちらは、まだ少し先の開講となります。


ゆるみのクラスは
6月29日土曜日からと6月25日から火曜日の
2つの曜日で開催します。

こちらのメールフォームからお申し込みください。
定員になり次第、しめきりますので
おはやめにどうぞ。

お会いできるのを楽しみにしております。
気功教室申込フォーム


ゆるみのクラス
「呼吸が浅い」「力の抜き方がわからない」「緊張する」というような方に
まずはからだをふんわりとやわらかくしていく方法をお伝えしていきます。
こわばりがとければ、自然に呼吸もしやすくなります。
マッサージをうけたりせずとも、ひとりでできるセルフケア。
「からだがゆるむってこんなにも気持ちがいい」をシミジミ実感できます。

気功が初めてだという方も、このクラスからどうぞお越しください。


【曜日】
土曜日(月3回) 午前11時〜13時 6月29日から
火曜日(月3回) 午後1時30分〜3時30分 6月25日から

【場所】
空 -くう-
東京都練馬区
西武池袋線富士見台駅より徒歩7分

【参加費】
2000円/回

【定員】
4名


芯のクラス
ゆるんだからだに、芯を見いだしていきます。
「立つ」という静かなうごきを通して
じっくり内側の筋肉をじっくり鍛えます。
いつまでも自分の足で立ち
いきいきと若々しく生きることについて
お伝えしていきます。

気はみえないものではありますが
荒唐無稽なあいまいなものとしてではなく
気とはいったいなんなのかというお話もしていきます。



【曜日】
月に2回 準備中です
午前11時〜13時

【場所】
空 -くう-
東京都練馬区
西武池袋線富士見台駅より徒歩7分

【参加費】
2000円/回

【定員】
4名
  1. 2013年05月31日 00:40 |
  2. クラス・ワークショップ

春のヨロコビを祝いあいましょう

20100223-R0018981.jpg

春分の日に
歌にならない声をだして、
背骨から骨盤にかけてゆらして
糀のおやつと飲み物でまったりと
音に舞う場をもちます。

「はるのよろこびを祝いあいましょう」

 日時 2012年3月20日 13時~17時
 場所 練馬区富士見台地区公民館
     西武池袋線「富士見台駅」徒歩10分 http://chizuz.com/map/map81249.html
 参加費 2000円

※メールフォームから、お問いあわせ下さいませ。

これははじまりのうた。
五感を目覚めさせる色に酔い、
ゆるやかに種をまきませう。
官能への入り口へようこそ。

・声だしワーク miyo
・背骨からゆるめる気功 チエ
・糀のおやつ keiko
・ディジュリドゥ てらじん


***********************************

春分の日は私にとって
なにかしらいつも特別。
私はここ数年「春分の日」を
自分の中の「生」を感じる日にしています。
ひそやかにわっしょい。
表向きひそやかだけれど
内実、大きな大きなうねりを感じています。


二十四節気という暦がありますが
あれは簡単にいえば「農作」カレンダー。
立春から始まり、雨水、啓蟄を経て春分へ。
季節に見られるリズムを大まかに感じて
これぐらいにはだいたいこんなことがあるので
備えよし、と受けとっておくと
楽だよってことなんだと思います。

2月に入り、寒い中にも
水の動きを感じます。
木々の芽がグッと膨らんでいます。
コブシは花を咲かせんと準備が着々と進んでいる模様。
縮こまる私たちのカラダの中にも
おなじように春の準備が進んでいます。
少しずつ、少しずつ
固まっていたからだの関節をゆるやかに動かしていきましょう。
ギシギシと音が聞こえるようなところへ油を注すように。

今から備えていくと
本当にあたたかくなった時にパッと動き出せるようになります。
自分の意識に関係なく。

私も旧暦を意識するようになって
グレゴリオ暦でいうところの1月、2月、3月が大好きになりました。
自然のハタラキが自分のカラダの中にもある、
そう思うと、自分の裡にある流れ、芽吹きを感じて
自分のからだがいとおしくてたまりません。
ちいさなものたちのひそやかでいておおきな躍動を
感じられる今この時期が大好きです。


「春分」は、太陽黄経0度になるオンタイム。
昼と夜の長さがほぼ同じになります。
(ほぼ、というのは、昼の方が若干長いため)
「春分の日」は春分の起こる日。
日本では国民の祝日となっています。
祝日法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日となっています。



東京に来てもうすぐ丸二年。
間に震災があり
心細い中にも、それをきっかけにいろんな人と
それぞれの想いをシェアする場に出会うことができました。
そして、一人ではなんにもはじまらないことを
しみじみ感じました。
まぁ、それは京都にいる頃にも感じていたことなんだけれど
「私がやりたい」人なので、結局
誰かとじゃなくて一人でやっちゃうんですね。
でも、1995年1月17日についで
2011年3月11日から
足下を揺さぶられる日々があって
やっぱり、私にはできないこと
そしてできること、があるなぁと
再び、思い知るのですね。

できないことはできる人にまかせて
私はできることだけしてようって。
それで丸くおさまる。
スムーズな流れのなかで
できるだけ心地よくいたいもの。


先日の日記に挙げたことをもう一度。


神は中心であったり、頂点であったりしない。
私たちの間を自由に流れつづけているものだ。
それらは私たちの間に、そしてすぐそばにあるものだ。

与える、受けとる
の関係ではなく
もはやそれらとわたしたちは、
浸透膜のようなものを経て循環しあっている
と私は考える。

その循環しあっているエネルギーに
神という名がついている。
私たちはこのからだを浸透膜に
そのエネルギーと交歓しながら生きている。
私は「神」という存在をそう捉えている。
そして、もはやなにをもって「私」というのかも
わからない。
膜の内も外も一体だからだ。


見ることも、聴くことも
味わうことも、嗅ぐことも
触れることも
すべて交歓だ。

そして、それらを官能と言おうと思っている。
官能とは「感じること」。
神との交歓。




神、ということばを使うと
宗教?と思う人も多いかと思います。
でも、違います。
これは「畏れ敬う」、信仰です。
信仰と宗教、どう違うのかといいますと
宗教は、なにかに頼ること、そこに依存して救いを求めること
信仰は、自分と自分のまわりにあるものによって立っているのを知ること
だと私は解釈しています。
依存と自立、相対するもの。
信仰と宗教は真逆です。
どちらも「しんじる」に違いはないのだけれど
自分を信じるか、他を信じるか、ということだと。

話が難しくなってきました…


えーと、何がしたいかと言うと
今生きていることを、その瞬間を
喜びあおうよということです。
それを特化して意識するのが
「春分の日」だなー、と。


官能ということばを使いました。
それはエロスだけれど、エロじゃない。
似て非なるものなのです。
エロスとエロも対極です。
受容と拒否、ぐらい違います。


官能の世界を
探っていく部会をはじめます。
興味ある方なら誰でも参加可。
ギリギリを楽しみましょう。
ふふふ。
3月20日はそのはじまりです。

とりあえず、思いつくままに書いているので
洗練されていませんが、一度ここでアップします。

(こわいかなー、この書き方。
でも、おいおい活動報告していくので
楽しそうと思ったらきてね。)

  1. 2012年02月21日 22:54 |
  2. クラス・ワークショップ

12月の予定

12月のスケジュールです。


◎京都滞在は12月8日から14日まで。
京都セッション受け付けはじめます。
予約状況はこちらをご覧ください。



◎9日は京都でスローボディのススメ行います。

日時  12月10日11時から
場所  京都の空
参加費 2000円

ゆるりと動いて、終わった後はお昼ごはんをみんなでいただきます。
ひとしきりお話終わるのが平均3時ぐらいかな。
ごはんは2時ぐらいには食べ終わるので、
予定のある方はどうぞお好きな時間に席をはずしてくださいね。 


◎東京のスローボディ予定

11月17日(水)定員になりました。
11月25日(木)受付中
12月4日 (土)受付中
12月17日(金)受付中

http://members3.jcom.home.ne.jp/slowbodyqoo/slowbody0.html


◎年末は12月27日から京都に戻ります。
帰郷が主目的であるので、セッション枠は少しですが
受けつけますので、お問い合わせ下さいませ。



お問い合わせ、ご予約
横のメールフォームからお願いいたします。



  1. 2010年11月20日 23:15 |
  2. クラス・ワークショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。